コーヒー豆の豆工房
トップページに戻る
お役立ち 情報
味は品質で決る
保存は冷凍冷蔵
正しい挽き方
美味しい淹れ方
 ペーパードリップ
 コーヒーメーカー
コーヒー豆の香味
価格・品質の関係
コーヒー豆包装材
コーヒー豆 Q&A

お買物はこちら
 商品のご案内
 ブ レ ン ド 珈琲
 スト レート 珈琲
 ア イ ス用 珈琲
 お買い得 セット
 コーヒー 生 豆
 お買い得 生 豆
今のかごの中身
ご注文フォーム

ご注文のまえに
ご注文の仕方
お支払・送料等
特定商取法表記
個人情報保護

コーヒーのお話
カップテスト
豆面に油が浮く
焙煎 (ロースト)
 焙煎の探求
 家庭で焙煎
  アジア系
  カリブ海系
  中米系
  南米系
  アフリカ系
 炭焼き 焙煎
 手作り焙煎機
 焙煎機の製作
ネルドリップ
サイフォン
エスプレッソ
アイスコーヒー
ブレンドコーヒー
香味は常に変化
熟成コーヒー豆
コーヒー豆と健康
コーヒーの栽培
PDFファイル
アドビ・リーダー
その他のページ
掲示板  (ログ)
 焙煎・生豆・他
 抽出・器具・他
お知らせ・雑感
豆工房リンク集
更新ニュース
開業希望の方へ
店主からの挨拶

南米系コーヒー豆 各銘柄ごとの特徴



主にホームローストされる方やご家庭でブレンドを楽しまれる方のために、銘柄ごとの香味・品質や焙煎時の注意点などを述べてみます。できるだけ客観的に判断しているつもりですが、当店での使用機器の特性や季節の影響、また生豆のバラツキなどもあり、人により感じ方に差異が生じる事もあるかと思います。    (御意見・御質問などはこちら(掲示板)でどうぞ。)

ブラジル サントスNO.2 #17/18
おもな特徴 コーヒー豆の中では最もポピュラーな銘柄である。
酸味・苦味など程ほどにバランスがとれていて、何より量産により安価に入手できるのが良い。
これといったクセがなくブレンドに好都合である。
焙煎時の注意点は、粒ごとにバラツキがあることが多いので事後のハンドピックで入念に取り除くこと。
また石などの異物が混ざっていることが常である。
適正焙煎度 ハイロースト〜フルシティーロースト
焙煎難易度 やさしい
生豆の色・形 乾燥式なので表皮が付いている。粒の大きさは中
煎りあがり 含水量のバラツキ等でややムラがある

ブラジル サンマリノ・サンドライ #18
おもな特徴 サントスNO.2より香味は上である。
天日干しなので、芯まで水分が抜けている。
酸味・苦味は充分ある。NO.2と比べ甘味があるが、セラードやブルボンと比べると若干劣る。
粒のバラツキは少ないほうである。
適正焙煎度 ハイロースト〜フルシティーロースト
焙煎難易度 やさしい
生豆の色・形 サントスNO.2とほぼ同じ
煎りあがり よく膨らむほうである。

ブラジル セラードコーヒー
おもな特徴 ブラジル産のコーヒーの中では品質は非常に優れている。
甘味やコクが豊富にあり、酸味・苦味も上品である。
また深くローストしても味が崩れにくいので、やや深煎りのコロンビアやグアテマラ等とブレンドすると良い味が生まれると考えられる。
適正焙煎度 ハイロースト〜フルシティーロースト
焙煎難易度 やさしい
生豆の色・形 NO.2等と比べやや粒が大きい。
煎りあがり 大きく膨らむ。粒も揃っている。

ブラジル セミWASH
おもな特徴 ブラジル産のコーヒーの中では珍しく半水洗式。
今後、増えてくると思われる。
また深くローストしても味が崩れにくく、豊かなコクがある。
適正焙煎度 シティーロースト〜フルシティーロースト
焙煎難易度 やさしい
生豆の色・形 NO.2等と比べやや粒が大きい。
煎りあがり 大きく膨らむ。粒も揃っている。

ブラジル コロラド・ピーベリー
おもな特徴 ピーベリーなので独特の外見をしている。
小粒だが焙煎は通常どおりでほぼ良い。
どちらかというと、あっさりした味である。
適正焙煎度 ハイロースト〜シティーロースト
焙煎難易度 やや難しい(浅すぎると粉っぽい味になる)
生豆の色・形 独特の形状。
煎りあがり 小さいが粒は揃っている。

ブラジル アマレロ・ブルボン
おもな特徴 ブラジル産の中ではたいへん品質が良い。
特有の甘味がある。(有機に似ている?)
ブラジル産の中では高価であるが、他国の高級品と比較すると品質の割には安価なのでストレートだけでなく、ブレンドにも使いやすい。
粒がやや小さいせいか、深めのローストでは熱に負けてしまうような気がする。
適正焙煎度 ハイロースト〜シティーロースト
焙煎難易度 やさしい
生豆の色・形 やや小粒だが揃っている。
煎りあがり 欠点豆などが少なく揃っている。

ブラジル 自然農法珈琲
おもな特徴 無農薬肥料で栽培されているためか、当然ながら薬品臭などがなく充分な甘味や酸味がある。
香りが強いのでNO.2等と比べやや深煎りがよいのではと思われる。
当然のことであるが高価である。
適正焙煎度 シティーロースト〜フルシティーロースト
焙煎難易度 やさしい
生豆の色・形 大きさは普通。粒は揃っている。
煎りあがり 欠点豆などが少なく、きれいに膨らむ。

エクアドル アンデスマウンテン
おもな特徴 非常に品質が良く、粒も揃っている。
上品な香りだが、ブルーマウンテンやクリスタルマウンテンと比較すると少し濁りがある。
上品な味が身上なので深煎りにすると個性が埋没する。浅煎り〜中煎りが適する。
適正焙煎度 ミディアムロースト〜ハイロースト
焙煎難易度 やや難しい(浅すぎると渋みが残る)
生豆の色・形 やや大粒できれい。よく揃っている。
煎りあがり よく膨らむ。

コロンビア エキセルソ
おもな特徴 ブラジル産に次ぎ生産量が多い。
コクと酸味があり、スプレモと比較しても。
大粒で焙煎には充分な時間をかける。
価格は手頃なので、家庭での焙煎ではぜひマスターするとよい。
適正焙煎度 シティーロースト〜フレンチロースト
焙煎難易度 難しい(充分、水分抜きを行う)
生豆の色・形 大粒
煎りあがり 上手に焙煎すると大きく膨らむ。

コロンビア スプレモ
おもな特徴 ブラジル産に次ぎ生産量が多い。
豊かなコクと甘味がある。
ストレート、ブレンドどちらで使用するにせよなくてはならない銘柄である。
かなり大粒で焙煎には充分な時間をかける。
価格は手頃なので、家庭での焙煎ではぜひマスターするとよい。
適正焙煎度 シティーロースト〜フレンチロースト
焙煎難易度 難しい(充分、水分抜きを行う)
生豆の色・形 大粒
煎りあがり 上手に焙煎するとかなり大きく膨らむ。

コロンビア エスメラルダ
おもな特徴 スプレモより、さらに豊かなコクと甘味がある。
ストレート、ブレンドどちらでも使用できる。
かなり大粒で焙煎には充分な時間をかける。
適正焙煎度 シティーロースト〜フレンチロースト
焙煎難易度 難しい(充分、水分抜きを行う)
生豆の色・形 大粒
煎りあがり 上手に焙煎するとかなり大きく膨らむ。

コロンビア ナリーニョ
おもな特徴 主な特質はスプレモとほぼ同じだが、ワンランク上である。
形状や焙煎方法なども、さほどかわらない。
適正焙煎度 シティーロースト〜フレンチロースト
焙煎難易度 難しい(充分、水分抜きを行う)
生豆の色・形 大粒
煎りあがり 上手に焙煎するとかなり大きく膨らむ。

コロンビア ブカラマンガ
おもな特徴 コロンビア産特有のコクや甘味が豊富である。
やや苦味が勝っていることがある。
品質の割に価格はさほど高くない。
適正焙煎度 シティーロースト〜フレンチロースト
焙煎難易度 難しい(充分、水分抜きを行う)
生豆の色・形 大粒
煎りあがり 上手に焙煎するとかなり大きく膨らむ。

コロンビア サンアグスティン
おもな特徴 主な特質はスプレモとほぼ同じだが、高品質である。
形状や焙煎方法などは、さほどかわらない。
バランスのとれた酸味・苦味また甘味を持っている。
適正焙煎度 シティーロースト〜フレンチロースト
焙煎難易度 難しい(充分、水分抜きを行う)
生豆の色・形 大粒
煎りあがり 上手に焙煎するとかなり大きく膨らむ。

コロンビア マラゴジッペ
おもな特徴 巨大サイズの豆。
比較的バランスがとれている。
やや高価である。
適正焙煎度 シティーロースト〜フレンチロースト
焙煎難易度 難しい(充分、水分抜きを行う)
生豆の色・形 大粒
煎りあがり 上手に焙煎するとかなり大きく膨らむ。

ペルー HG
おもな特徴 品質はやや悪いが、価格が安価で中深煎り〜深煎りに向く。
ハゼ音が大きいので煎り止めのタイミングを掴みやすい。
味は、多少クセがある。充分ふくらむのでシティーロースト位で止めてもよいが、深煎りにすると苦味が生きてくる。
適正焙煎度 シティーロースト〜フレンチロースト
焙煎難易度 やさしい
生豆の色・形 大きさは中。欠点豆がやや多い。
煎りあがり よく膨らむ。ハゼ音が大きい。





          このページのトップへ