コーヒー豆の豆工房
トップページに戻る
お役立ち 情報
味は品質で決る
保存は冷凍冷蔵
正しい挽き方
美味しい淹れ方
 ペーパードリップ
 コーヒーメーカー
コーヒー豆の香味
価格・品質の関係
コーヒー豆包装材
コーヒー豆 Q&A

お買物はこちら
 商品のご案内
 ブ レ ン ド 珈琲
 スト レート 珈琲
 ア イ ス用 珈琲
 お買い得 セット
 コーヒー 生 豆
 お買い得 生 豆
今のかごの中身
ご注文フォーム

ご注文のまえに
ご注文の仕方
お支払・送料等
特定商取法表記
個人情報保護

コーヒーのお話
カップテスト
豆面に油が浮く
焙煎 (ロースト)
 焙煎の探求
 家庭で焙煎
  アジア系
  カリブ海系
  中米系
  南米系
  アフリカ系
 炭焼き 焙煎
 手作り焙煎機
 焙煎機の製作
ネルドリップ
サイフォン
エスプレッソ
アイスコーヒー
ブレンドコーヒー
香味は常に変化
熟成コーヒー豆
コーヒー豆と健康
コーヒーの栽培
PDFファイル
アドビ・リーダー
その他のページ
掲示板  (ログ)
 焙煎・生豆・他
 抽出・器具・他
お知らせ・雑感
豆工房リンク集
更新ニュース
開業希望の方へ
店主からの挨拶

アジア系コーヒー豆 各銘柄ごとの特徴



主にホームローストされる方やご家庭でブレンドを楽しまれる方のために、銘柄ごとの香味・品質や焙煎時の注意点などを述べてみます。できるだけ客観的に判断しているつもりですが、当店での使用機器の特性や季節の影響、また生豆のバラツキなどもあり、人により感じ方に差異が生じる事もあるかと思います。    (御意見・御質問などはこちら(掲示板)でどうぞ。)

インドネシア ガヨマウンテン
おもな特徴 特有の味を持っている。高価。
最近、盛んに日本に入荷している。
粒は非常に揃っているが、ニュークロップでは青臭さが強いので焙煎初期に時間を長めにとるか、若干深めの煎り止めとすると、甘味やコクが引き出される。
適正焙煎度 シティーロースト〜フルシティーロースト
焙煎難易度 やや難しい
生豆の色・形 大きさは中
煎りあがり 揃っている

インドネシア ロブ・WIB
おもな特徴 ロブスタの低級品は缶コーヒー等に使われている。
一般に軽視されがちだが、上手に配合すると味を損ねることはない。
苦味が強く特有の臭みがあるので、ストレートには向かない。
アイスコーヒー等に使用すると良い。
適正焙煎度 シティーロースト〜フルシティーロースト
焙煎難易度 やや難しい
生豆の色・形 特有の形状(丸い)
煎りあがり

パプアニューギニア シグリ
おもな特徴 やや個性のある香ばしい味を持っている。
粒はよく揃っている。
適正焙煎度 シティーロースト〜フルシティーロースト
焙煎難易度 やや難しい
生豆の色・形
煎りあがり

インドネシア カロシ・トラジャ
おもな特徴 豊富な苦味・甘味やコクを持っている。
焙煎時、豆色の変化が他の豆とは若干異なる。(途中で豆の表面が白くなるので、よく観察しないと煎り止めがぶれやすい。)
また直火式の焙煎機のほうが、香味が出やすいようである。
私見だが、品質の割に価格が高すぎるのではと思う。
適正焙煎度 フルシティーロースト〜フレンチロースト
焙煎難易度 難しい
生豆の色・形 大粒で揃っている
煎りあがり 非常に大きく膨らむ

バリ・アラビカ神山
おもな特徴 香ばしい味を持っている。 よく揃っているが、高価。
適正焙煎度 シティーロースト〜フレンチロースト
焙煎難易度 やや難しい
生豆の色・形
煎りあがり

インドネシア マンデリン・G1
おもな特徴 特有の苦味・コクがあり深煎りならではの濃い味をしている。
粒が大きいのでじっくりと時間をかけて焙煎する。
最近、品質が悪く欠点豆だらけである。
また異物が混じっており、注意深く取り除かないとミルを壊す原因となる。
適正焙煎度 フルシティーロースト〜フレンチロースト
焙煎難易度 やや難しい
生豆の色・形 非常に欠点豆が多い
煎りあがり 大きく膨らむ

インドネシア マンデリン・トバコ
おもな特徴 特有の苦味・コクがあり深煎りならではの濃い味をしている。
粒が大きいのでじっくりと時間をかけて焙煎する。
G1と比べると、粒は揃っており欠点豆も少ない。
適正焙煎度 フルシティーロースト〜フレンチロースト
焙煎難易度 やや難しい
生豆の色・形 欠点豆が混入
煎りあがり 大きく膨らむ

インドネシア ゴールデンマンデリン
おもな特徴 特有の苦味・コクと香りがある。
粒が大きいのでじっくりと時間をかけて焙煎する。
品質も揃っている。
特徴的な香味は素晴らしい。
適正焙煎度 フルシティーロースト〜フレンチロースト
焙煎難易度 やや難しい
生豆の色・形 揃っている
煎りあがり 大きく膨らむ

中国 雲南思芽
おもな特徴 豊かなコクを持っている。
適正焙煎度 シティーロースト〜フレンチロースト
焙煎難易度 やや難しい
生豆の色・形 大粒
煎りあがり 豆面はゴツゴツしている

ネパール
おもな特徴 ヒマラヤコーヒーと呼ばれるらしい。
粒は揃っていないが、酸味やコクがある。
近年、生産を始めたらしくまだ洗練されていないが、無農薬(化学肥料を購入できないらしい)なので薬品臭がまったく無く、味にまろやかさがある。
地理的に輸出・運搬が困難であるらしいが、政府が栽培に力を入れていて今後に期待が持てる。
数年先には、もっと良い品質になると思われる。
適正焙煎度 シティーロースト〜フルシティーロースト
焙煎難易度 やや難しい
生豆の色・形 あまり揃っていない
煎りあがり 普通

イエメン モカ・マタリ
おもな特徴 モカ・ハラーを凌ぐほどの独特の酸味・香り、また甘味を持っている。
シダモやハラ−同様、欠点豆が非常に多い。
特有の味は、好き嫌いがはっきりと分かれる。
適正焙煎度 ミディアムロースト〜シティーロースト
焙煎難易度 難しい
生豆の色・形 非常にばらついている。
煎りあがり ばらついている。

インド プランテーション
おもな特徴 特有の苦味と香ばしさを持っている。
ハゼ音が大きく分かりやすい。
やや個性が強く、深めの煎り止めが向いている。
適正焙煎度 フルシティーロースト〜フレンチロースト
焙煎難易度 やや難しい
生豆の色・形 ややばらついている
煎りあがり よくはぜる

インド モンスーン
おもな特徴 特有の苦味と上品な香ばしさを持っている。
深めの煎り止めが向いている。
適正焙煎度 フルシティーロースト〜フレンチロースト
焙煎難易度 やや難しい
生豆の色・形 真っ白で大粒。よく揃っている。
煎りあがり 大きく膨らむ。




          このページのトップへ