コーヒー豆の豆工房
トップページに戻る
お役立ち 情報
味は品質で決る
保存は冷凍冷蔵
正しい挽き方
美味しい淹れ方
 ペーパードリップ
 コーヒーメーカー
コーヒー豆の香味
価格・品質の関係
コーヒー豆包装材
コーヒー豆 Q&A

お買物はこちら
 商品のご案内
 ブ レ ン ド 珈琲
 スト レート 珈琲
 ア イ ス用 珈琲
 お買い得 セット
 コーヒー 生 豆
 お買い得 生 豆
今のかごの中身
ご注文フォーム

ご注文のまえに
ご注文の仕方
お支払・送料等
特定商取法表記
個人情報保護

コーヒーのお話
カップテスト
豆面に油が浮く
焙煎 (ロースト)
 焙煎の探求
 家庭で焙煎
  アジア系
  カリブ海系
  中米系
  南米系
  アフリカ系
 炭焼き 焙煎
 手作り焙煎機
 焙煎機の製作
ネルドリップ
サイフォン
エスプレッソ
アイスコーヒー
ブレンドコーヒー
香味は常に変化
熟成コーヒー豆
コーヒー豆と健康
コーヒーの栽培
PDFファイル
アドビ・リーダー
その他のページ
掲示板  (ログ)
 焙煎・生豆・他
 抽出・器具・他
お知らせ・雑感
豆工房リンク集
更新ニュース
開業希望の方へ
店主からの挨拶

コーヒー豆の価格・相場などについて

高価格 イコール 高品質ではない!!

コストに占める、原料費・各経費の割合(一例)













ごく一般的な店舗の場合です。この形態が一番多いと思われます。(一般に中品質)













不要な経費を省いて、豆の品質を追求している場合です。(一般に高品質で中価格)













内外装に金を掛けて、店の雰囲気を追求している場合です。(一般に低品質で高価格)














多大な宣伝費を掛けて、大量販売を目指している場合です。(一般に低品質で低価格)


高品質で高価格店は存在しない??、存在できない??。
価格は高いが高品質という店舗は、全国的にも極めて稀で、めったにお目にかかることがありません。(”自称:高品質・高価格”の店舗はいたるところに存在しますが・・・)
理由はハッキリしないのですが、おそらく販売量と鮮度維持の関係だと思われます。
高品質商品は簡単に創れますが、ある程度以上の販売量がないと鮮度を維持できません。もはや高品質ではなくなるのです。
やはり、ほどほどの低価格で販売量を確保しないと品質も保てないと考えられます。

コーヒー豆は店舗により随分と価格の違う事がありますが、高価格の店舗や銘柄ほど、やはり美味しいのでしょうか?。
豆工房に寄せられる御質問の中でも特に多いのが、この疑問です。
一口では説明できませんが、結論から申しますと「必ずしもそうではない」ということです。

コーヒー豆の販売価格の差と品質(美味しさ)は、ほとんど関係がないのが実状です

限度を超えた極端な安値販売(例えば100g80円とか1kg500円)では、良質のコーヒー豆を提供するのはどう考えても無理があると思いますが、それでは販売価格が上がるほど美味しさも比例するのかというと、そうとはいえないのが実態です。

まず、各店舗により販売価格の差がありますが、この場合は価格と美味しさは全く関係がありません。
「ある店の100g750円のコーヒー豆よりも、違う店の100g320円のコーヒー豆が遥かに美味しい」というような事は日常茶飯事です。
単に高価格をつけて、高品質に見せかけているだけの場合が殆んどだからです。
低価格でも高品質商品を販売している良心的な店舗は存在しますし、高価格でも随分と劣悪な商品しか販売していない粗悪店もいっぱい存在します。

各店舗の価格政策や焙煎技術、ブレンド技術、保存方法、生産国の通貨、ブランド名、地域による店舗の維持経費、人件費・・・・・、さまざまな要因が重なってきますので、高価格品=高品質(美味しい)という事は、全くと言っていいくらい言えないと思います。

現在の日本の諸々の状況(仕入価格や店舗経費等)を考えると、良心的に商売をすれば
”商品価格 100g400円、200g750円、500g1600円、1kgで2800円”程度
であれば充分に美味しいコーヒー豆を販売する事が可能だと思います。
(送料・決済手数料などは別途料金を要す)

また200g900〜1000円では、さらに美味しい商品を提供できると考えられます。


同一店舗であれば、販売価格により品質に差があっても不思議ではありませんが、店舗の違いによる販売価格の差で品質を想像するのは、全くあてにならないと考えた方がよいと思います。

もう一つ、当店に寄せられる御質問というか疑問で、「いろんな店で買っても、○○○マウンテンとかの高級品は値段ばかり高くて、ちっとも美味しくないのはどうしてですか?。安いのと比べても味・香りはたいして変わらないように思います。」というのがあります。

普通に考えますと、高価格品は低価格品と比べて売れ行きが鈍いという理由があります。

廉価品 → 比較的よく売れる → 回転が早い → 豆が新鮮 → そこそこ美味しい・

高価格品 → あまり売れない → 回転が鈍い → 豆が古い → さほど美味しくない・

必ずしもこうなるとは限りませんが、一般にほぼ当てはまると考えられます。
実際に100グラムで1000円とか1500円にもなりますと、よほどの超繁盛店でもない限り焙煎後数日で売り切るのは難しいと思われます。

注文を受けての焙煎や数百グラム単位での小口焙煎の方法があり、鮮度の点では充分ですが味・香りといった観点でみますと問題があり、技術の進んだ現代でも昔ながらの中型焙煎機によるローストでの焼きたて豆が香味最高で、これに比肩しうる方法は今だ見つかっていない状態です。

この事から、高価格品の販売(提供)は、さまざまな点で問題を含んでいると思います。


  関連する資料を、PDFファイルで提供しております。
  コーヒー豆の品質と価格(相場)・・・等について
  閲覧するには、アドビ・リーダー4以上が必要です。



コーヒー生豆の相場等について(一例)
考察 コーヒー生豆の相場は、需要と供給のバランスだけでなく投機などによっても大きく変動しています。
1975年  
1976年  
1977年  
1978年  
1979年  
1980年  
1981年  
1982年  
1983年  
1984年  
1985年  
1986年  
1987年  
1988年  
1989年  
1990年  
1991年  
1992年  
1993年  
1994年  
1995年  
1996年  
1997年  
1998年  
1999年  
2000年  
2001年  



          このページのトップへ